住まいるブログ

HOME > 住まいるブログ   家づくりスタッフをご紹介します!|浜松・湖西・磐田・袋井・掛川の注文住宅会社・住まいるコーポレーション

住まいるブログ

2019/08/06

家づくりスタッフをご紹介します!|浜松・湖西・磐田・袋井・掛川の注文住宅会社・住まいるコーポレーション

完全自由設計の注文住宅をご提供する『住まいるコーポレーション』です。
今回は、いつも当社の家づくりをサポートしてくれているスタッフの声をご紹介します。
お客さまのご家庭のライフラインを支える給排水の設備屋さんです。

 

設備屋さんの仕事は、給排水設備工事を行うことです。
はじめに、給排水設備工事とは一体どんな仕事なのでしょうか?

 

一般住宅を建てる際の給排水設備は、①給湯給水(上水)工事と、②雨水・汚水(下水)工事の大きく2つに分かれます。

 

①給湯給水(上水)工事」とは・・・
キッチンをはじめ、トイレ、洗面台、浴室などの住宅設備機器(衛生設備)の工事を行うことです。

 

②雨水・汚水(下水)工事」とは・・・
給水管や排水管・排水桝・雨水桝・給湯設備といった給排水設備の新規設置や老朽化に伴う交換を行うことです。

 

つまり、設備屋さんの仕事は「水」との関わりが非常に深いのです。
ただし、給排水設備は建物の床下や天井、壁の内部、敷地の地中などに施工されるので、家を建ててからは目に入ることがありません。
そのため、建物の施工後に変更するとなると、クロスを貼り終えた内壁や天井を撤去したり、庭の土を重機で掘り起こしたりと、大規模な改修工事が必要となり、費用が多額で、工期も長期間を要します。
また、設備機器に不具合が生じたり、給排水設備のトラブルが生じたりすると、日々の生活に大きな支障が出ることになります。
しかも、トラブルに気付くのが遅れると、建物の構造部材や断熱材などにも大きなダメージを与えることにもなるので、新築当初から精度の高い施工が必要となります。

 

その点、当社では長年に渡りお付き合いがあり、安心して工事を任せられる設備屋さんに工事をお願いしているので、ご安心ください!
今回はその設備屋さんに、普段の仕事や家づくりについてうかがいました。

 

Q:給排水設備工事の際にいつも気をつけていることは?
A:私たちの仕事は、家づくりの最初から最後まで現場に関わりがあります。完成後、引渡しの際に立ち会うこともあります。ご家族のライフラインを支える生活上とても大切な役割を担っているので、とにかくクレームが無いように確実な仕事が行えるよう、常に肝に銘じています。また、現場でお客様と顔を合わせる機会も多いので、常に気持ちのいい挨拶を心がけています。

 

Q:当社の家づくりに対してのご感想は?
A:「住まいるコーポレーション」さんの家は、他の住宅会社の建物と比べて無垢材をたくさん使っているため、室内の見映えがすごくいいですね。設備の使い勝手や家事動線のこともよく考えてプランされているので住み心地が良いと思います。自分ももし家を建てるなら、やはり設備の使い勝手や生活動線を第一に考えて、暮らしやすい家にしたいと思います。

 


設備屋さん、どうもありがとうございました。
これからも精度の高い施工で、お客様の大切なライフラインを末長くお守りください!
どうぞよろしくお願いします♪

 

★当社の施工事例もぜひご参考ください!
http://www.sumairu-ie.co.jp/case

 

お問い合わせ:住まいのこと、土地のことどんなことでもお気軽にお問い合わせください!!【営業時間】8:30~17:30 FREEDIAL:0120-016-716

お問い合わせ・資料請求