住まいるブログ

HOME > 住まいるブログ   住まいの防犯対策〜前編〜|浜松・湖西・磐田・袋井・掛川の注文住宅会社・住まいるコーポレーション

住まいるブログ

2019/07/16

住まいの防犯対策〜前編〜|浜松・湖西・磐田・袋井・掛川の注文住宅会社・住まいるコーポレーション

無垢と自然素材でつくる健康住宅をご提供する『住まいるコーポレーション』です。
夏になると、窓を開けっぱなしにしておいたり、玄関のドアを少し開けて風通しをよくしたりと、普段よりも無防備になりがちです。また、夏休みを利用して家族旅行に出かけるなど、長期間家を留守にするご家族も多いことでしょう。
そこで忘れてはならないのが防犯対策!前編・後編と2回に渡って住まいの防犯についてお伝えします。
前編は、ドアと窓の防犯対策です。あなたのお宅は万全かチェックしてみましょう。
新築をご計画の方も防犯対策をよく考えた上で間取りや窓の配置、サッシ選びなどを検討しましょう!

 

 


■ドアの防犯対策
①補助錠の取り付け
1つのドアに錠が2つ以上ついていると、泥棒が侵入するのに時間がかかるため、侵入を妨げるのに効果的です。

 

②ガードプレートの取り付け
ドアとドア枠に隙間があると泥棒が工具を差し込んで錠を破壊して侵入する可能性があります。隙間がある場合はガードプレートを取り付けると安心です。

 


■窓の防犯対策
①補助錠の取り付け
サッシには補助錠を取り付けましょう。クレセント錠はロック付きが有効です。

 

②防犯フィルムの貼り付け
防犯フィルムを窓ガラス全面に貼ると防犯効果が高まります。ただし、一般の方がフィルムを美しく効果的に貼るのは難しいので、専門の施工業者に貼付してもらうのがおすすめです。

 

③防犯サッシや雨戸の採用
新築の場合は、掃出し窓に防犯サッシやルーバー式の雨戸、電動シャッターなどを採用すると、泥棒の侵入を防げます。また、強度の高いシャッターや面格子も有効です。

 


ドアと窓は、泥棒の侵入経路となる重要な箇所です。新築の際にはこれらのことに注意して、デザインや間取りだけでなく防犯対策もしっかりと考慮の上でプランを計画しましょう。

 

 

お問い合わせ:住まいのこと、土地のことどんなことでもお気軽にお問い合わせください!!【営業時間】8:30~17:30 FREEDIAL:0120-016-716

お問い合わせ・資料請求