住まいるブログ

HOME > 住まいるブログ   家づくりスタッフをご紹介します!|浜松・湖西・磐田・袋井・掛川の注文住宅会社・住まいるコーポレーション

住まいるブログ

2019/07/09

家づくりスタッフをご紹介します!|浜松・湖西・磐田・袋井・掛川の注文住宅会社・住まいるコーポレーション

完全自由設計の注文住宅をご提供する『住まいるコーポレーション』です。
今回は、いつも当社の家づくりをサポートしてくれているスタッフの声をご紹介します。
家づくりの縁の下の力持ち・足場屋さんです。

 

「足場」とは、建築現場やメンテナンス現場で作業をする人が、高い所でも安全に仕事ができるように、建物の周りに仮設する作業床のことをいいます。建築現場では、落下によるケガや死亡事故を防ぐための合言葉として「1メートル=一命取る」という言葉がよく使われます。作業者の安全を確保するために重要な役割を占める足場は、厚生労働省からもチェックの入る重要な箇所です。そのため、高さが5メートル以上の足場の組立や解体には足場用の作業主任者を選任しなければならないことになっています。

 

現場の安全性のベースを担う足場屋さんに、普段の仕事や家づくりについてうかがいました。

 

Q:足場を組む際にいつも気をつけていることは?
A:とにかく「安全第一」です。僕たちの仕事は、何もないところに足場を組んでいくので、建物の形がしっかりと頭に入っていないと正確な足場を組むことができません。足場がうまく組めないと、上棟がスムーズに行えなくなるので、家づくりの上で大きな責任を担っているのだと普段から身の引き締まる思いで仕事をしています。自分たちの作業は上棟の前に終わってしまいますが、残工事で現場に行った際に無事に上棟が終わったのを確認できるとほっとしますね。僕は10年位の職歴がありますが、今でも1棟1棟、初心を忘れず緊張感を持って足場を組むようにしています。

 

Q:当社の家づくりに対してのご感想は?
A:「住まいる」さんの家は、良い意味で「変わった家」が多いですね。つまり、お施主様のこだわりや個性がそれだけ反映されているということだと思います。完成後の室内を拝見すると、とてもきれいな木目の大きな化粧板など、上質な無垢材をふんだんに使っているので、うらやましくて溜息が出ます。でも、これだけの材を使って家を建てる大工さんはきっと大変だろうなと思いますね。相当の腕があるのだろうと感心します。大工さんやそのほかの職人さんたちが良い家を建てられるように、僕たちも確実で安全な足場組みに取り組んでいきますので、これからもよろしくお願いします。

 

足場屋さん、どうもありがとうございました。これからも「安全第一」のお仕事をどうぞよろしくお願いします♪

 

★当社の施工事例もぜひご参考ください!
http://www.sumairu-ie.co.jp/case

 

お問い合わせ:住まいのこと、土地のことどんなことでもお気軽にお問い合わせください!!【営業時間】8:30~17:30 FREEDIAL:0120-016-716

お問い合わせ・資料請求