住まいるブログ

HOME > 住まいるブログ   夏でも涼しい家づくりの秘訣とは?|浜松・湖西・磐田・袋井・掛川の注文住宅会社・住まいるコーポレーション

住まいるブログ

2019/06/25

夏でも涼しい家づくりの秘訣とは?|浜松・湖西・磐田・袋井・掛川の注文住宅会社・住まいるコーポレーション

無垢と自然素材でつくる健康住宅をご提供する『住まいるコーポレーション』です。
梅雨の真っ只中、ジメジメとして蒸し暑い日が段々と増えてきましたね。
家に帰った時に部屋が暑いと、ついエアコンをつけてしまいますが、
余程の暑さでなければエアコンに頼らなくても涼しく過ごせる家づくりは可能です。
今回はそのための秘訣を4つご紹介します。

 

・調湿性の高い無垢や珪藻土などを内装に用いる
無垢や珪藻土を内装に用いると、それぞれの素材が調湿性を発揮して、夏でも涼しい環境を保てます。床はサラサラとして足触りが良く、室内の空気もジメジメ感がないので快適に過ごせます。

 

・風の通り道を確保する
風の向きや家の周りの環境をしっかりと把握したうえで開口部を適切に設けると、風通しの良い家を実現できます。風の入口だけでなく出口も作り、風の通り道を確保することも重要です。風通しを良くして熱気のこもった空気を外に追い出すと、室内の温度を下げることができます。

 

・窓からの直射日光を遮る
熱は壁や床よりも窓から出入りする量が最も多いといわれています。そのため、窓の断熱性を高めて直射日光を遮る必要があります。住まいるコーポレーションではサッシにLow-E複層ガラスを主に採用し、夏の暑さを軽減するだけでなく、冬も室内を暖かく保てるように配慮しています。

 

・ベランダにウッドデッキを設置する
デッキの多くは日射しが強い南向きに配置されています。ウッドデッキに木材を用いるとコンクリートよりも熱を吸収しにくいので、室内への熱の影響を軽減できます。また、ウッドデッキの上に軒を深く出すと日除け効果も絶大です。ウッドデッキは見た目も涼しげなので気分的にも癒されそうですね!

 

住まいるコーポレーションではこれらのポイントに留意して、夏でも涼しく快適に過ごせる住まいをご提案しています。
ご興味のある方はどうぞお気軽にご相談下さい。

 

★施工事例もぜひご参考ください!
http://www.sumairu-ie.co.jp/case/

 

お問い合わせ:住まいのこと、土地のことどんなことでもお気軽にお問い合わせください!!【営業時間】8:30~17:30 FREEDIAL:0120-016-716

お問い合わせ・資料請求