住まいるブログ

HOME > 住まいるブログ   熱中症も心配要らず!住まいの暑さ対策|浜松・湖西・磐田・袋井・掛川の注文住宅会社・住まいるコーポレーション

住まいるブログ

2019/06/11

熱中症も心配要らず!住まいの暑さ対策|浜松・湖西・磐田・袋井・掛川の注文住宅会社・住まいるコーポレーション

完全自由設計の注文住宅をご提供する『住まいるコーポレーション』です。
前回お伝えしたように、梅雨のシーズンは室内での熱中症に注意が必要です。
そこで今回は、住まいの暑さ対策についてお話しします。

 

夏が暑いのは、気温が高いことだけが理由ではありません。
実は、強い日差しや地面からの放射熱が原因で体感温度を引き上げているのです。
その証拠に、気温が同じでも日向より日陰の方が涼しく感じられますよね。

 

 

つまり、住まいの暑さ対策を考える時、温度に留意するだけでなく、窓から暑い日差しを採り込まないように工夫することもとても重要なのです。

 

たとえば、日除けを目的とした遮光パネルやロールスクリーン、オーニング等は窓の内側よりも外側に取り付けた方が効果的です。
また、新築やリフォームの際に、窓の外側の上部にアルミ製のバーを1本取り付けておくと、緑のカーテンやすだれを利用するとき便利です。

 

また、最近では玄関ドアや勝手口の鍵を閉めたままでも風を通せる通風ドアやシャッターなど、防犯性に優れた製品も沢山あります。
たとえば寝室に雨戸やシャッターを採用すると、防犯対策だけでなく日中の強い日差しを遮るのにも役立ちます。

 

直射日光が当たるという点では、2階の各室も日除け対策が必要です。夏の日差しが照りつけると、屋根に熱が蓄積されます。その熱が室内まで伝わってくるため、2階はどうしても室温が上がりやすくなってしまうのです。

 

特に夏の西日は強力なので、西向きの部屋は夕方頃から暑さが格段と増し、夜になっても温度が下がりにくい場合があります。

 

 

住まいるコーポレーションでは、屋根の構造や断熱材を最適に用い、屋根から熱が伝わりにくく2階でも快適に過ごせる住まいをご提供しています。
住まいの暑さ対策を家づくりの段階でしっかりと考えておくことで、夏でも涼しく快適な暮らしを実現できます。その快適さをぜひ完成見学会でご体感ください!
近々では、6月22(土)・23(日)には浜松市中区和地山で見学会を開催予定!
次回詳しくお伝えしますので、どうぞお楽しみに♪

 

★施工事例もぜひご参考ください!
http://www.sumairu-ie.co.jp/case/

お問い合わせ:住まいのこと、土地のことどんなことでもお気軽にお問い合わせください!!【営業時間】8:30~17:30 FREEDIAL:0120-016-716

お問い合わせ・資料請求