住まいるブログ

HOME > 住まいるブログ   梅雨どきは室内での熱中症にご用心!|浜松・湖西・磐田・袋井・掛川の注文住宅会社・住まいるコーポレーション

住まいるブログ

2019/06/03

梅雨どきは室内での熱中症にご用心!|浜松・湖西・磐田・袋井・掛川の注文住宅会社・住まいるコーポレーション

無垢と自然素材でつくる健康住宅をご提供する『住まいるコーポレーション』です。
これから憂鬱な梅雨のシーズンが始まりますね。梅雨の時期は、暑さと湿気のダブルパンチで体力が急激に落ちやすい時期だといわれています。特に、湿度の高い時期に心配なのが「熱中症」。この時期の熱中症は屋外ではなく、むしろ室内での発症に注意が必要です。そこで今回は、住まいの熱中症対策についてお話しします。

 

 

気温、湿度、日射・輻射(ふくしゃ)という温熱環境の3要素を取り入れた温度指標のことを「WBGT(暑さ指数)」といいます。このWBGTが28℃を超えると、一気に熱中症患者が増えることが分かっています。
ちなみに、環境省熱中症予防情報サイト(http://www.wbgt.env.go.jp/wbgt_data.php)で、全国各地のWBGTの予想値の実況と予測を閲覧できますのでご参考ください。

 

室内で熱中症にかかった人の多くは、エアコンや扇風機を使用していなかったり、日除け(すだれやよしず、シェード等)を設置していなかったり、窓を開けて風通しを良くしていなかった場合が多いそうです。

 

では、どうすれば室内の熱中症を予防できるでしょうか?

 

 

熱中症になりにくい室内環境をつくるには、次の3つのポイントが重要です。
・エアコンや扇風機によって温度調整ができる環境にすること
・室温が上がりにくい環境を確保すること
・こまめにWBGT値を確認すること

 

住まいるコーポレーションの家は、調湿性にすぐれた無垢材や珪藻土をふんだんに用い、室内を常に快適に保ちます。また、夏の暑さ対策を考慮して通風や採光計画を綿密に行っているので、室内に適度な明るさを採り入れ、窓を開ければ涼しい風を採り込むことができます。さらに、断熱効果の高い構造で、エアコンの効果も高められます。
これからは家づくりの段階から熱中症対策を考えなければいけない時代です。

 

ご家族がいつも、いつまでも健康に暮らせる家づくりをお考えの方は、
どうぞお気軽に住まいるコーポレーションにご相談ください。
完成見学会も随時開催しています♪ぜひご来場ください。

 

★施工事例もぜひご参考ください!
http://www.sumairu-ie.co.jp/case

 

お問い合わせ:住まいのこと、土地のことどんなことでもお気軽にお問い合わせください!!【営業時間】8:30~17:30 FREEDIAL:0120-016-716

お問い合わせ・資料請求