住まいるブログ

HOME > 住まいるブログ   梅雨のジメジメ・ムシムシを解消する家づくり〜前編〜|浜松・湖西・磐田・袋井・掛川の注文住宅会社・住まいるコーポレーション

住まいるブログ

2019/05/21

梅雨のジメジメ・ムシムシを解消する家づくり〜前編〜|浜松・湖西・磐田・袋井・掛川の注文住宅会社・住まいるコーポレーション

無垢材と自然素材で建てる健康住宅をご提供する『住まいるコーポレーション』です。
さわやかな緑風と青空が広がる5月。
でも、あと2週間もすれば6月に入り、ゆううつな梅雨のシーズンがやってきます。
高温多湿な日本では、梅雨どきや夏のジメジメ・ムシムシ感は古来の悩みの種。
でも、家の造り方次第で、そんな嫌な気分を解消することができるのです!

 

 

そこで今週と来週の2回に渡り、梅雨どきのジメジメ・ムシムシを解消する家づくりの方法についてお伝えします。

 

私たちが梅雨や夏でも快適に過ごせる家づくりの第一条件として考えているのは、「木(無垢材)」をふんだんに使うことです。
なぜなら、無垢材は水や湿気に強く、耐久性にもすぐれているからです。

 

実は、無垢材の表面には無数の小さな孔が空いています。
そして、湿度が高くなると空気中の湿気を吸収してその孔に蓄えます。
一方、乾燥する冬の時期には孔に蓄えた湿気を放出して、室内の湿度を調整します。

 

 

こうして湿気を調整することで、これからの時期に心配されるカビやダニの繁殖を抑えることができるのです!
また、同時に結露も防止してくれるので、建物自体も長持ちします。

 

 

日本の家屋は木造なので海外の家屋に比べて長持ちしないといわれていますが、無垢材をふんだんに用いれば、建物が腐朽する原因となる湿気を調節し、しかも、時がたつほど強度を増すので、健康・長寿な住まいを実現できます。
その代表例が世界最古の木造建築・奈良の法隆寺です。

 

さらに、無垢材にはストレスを緩和させる香りを発散する作用もあるといわれています。
無垢材をふんだんに用いた家を造ることで、ジメジメ・ムシムシを解消できるだけでなく、清々しくてリラックスした気持ちになれる・・・
やっぱり木の家は、日本の暮らしにぴったりなんですね!

 

住まいるコーポレーションでは、これからも上質な無垢材をふんだんに用いた木の家を皆様にご提供していきます。

 

下記のページでも、無垢材について詳しくご説明しています。
ぜひご参考ください。
http://www.sumairu-ie.co.jp/natural/#natural02

関連資料

お問い合わせ:住まいのこと、土地のことどんなことでもお気軽にお問い合わせください!!【営業時間】8:30~17:30 FREEDIAL:0120-016-716

お問い合わせ・資料請求