住まいるブログ

HOME > 住まいるブログ   暮らしのアイデア〜収納上手になろう!〜|浜松・湖西・磐田・袋井・掛川の注文住宅会社・住まいるコーポレーション

住まいるブログ

2018/02/27

暮らしのアイデア〜収納上手になろう!〜|浜松・湖西・磐田・袋井・掛川の注文住宅会社・住まいるコーポレーション

健康で快適な暮らしの実現をめざして、無垢と自然素材の家づくりを展開する「住まいるコーポレーション」です。


春は卒業や入学、異動など、新生活がスタートするシーズン。2月・3月はその準備段階として、お部屋を片付けたり、模様替えをしたりと、普段の生活をリニューアルする時期でもあります。でも、荷物がいっぱいのお部屋を片付けるのはなかなか根気がいりますよね。そこで今回は、上手に片付けができる秘訣をご紹介します。

 

 

【ステップ①】荷物の全体量を知る

まず、押入れやクローゼット、引出しなど、収納スペースの中に入っているものをいったん全部取り出してみましょう。収納の中にしまいこんであったものをお部屋の床などに平面的に並べてみると、ひと目で全体量を知ることができます。

 

【ステップ②】「使っているもの」と「使っていないもの」の2つに分ける

次に、荷物を「使っているもの」と「使っていないもの」に分類します。「これはまだ使えるから」とか「新しいから」というような余念は抜きにして、単純に 1年以内に使ったか・使っていないかだけで判断しましょう。

 

 

【ステップ③】「使っているもの」だけをもとの場所に戻す

分類後、「使っているもの」だけを元の収納に戻しましょう。そうすると、収納スペースはかなりスッキリします。また、その際にはものを取り出しやすいようにしまうことがポイントです。取り出しにくいと、いつの間にかまたタンスの肥やしになってしまいます。

 

 

【ステップ④】「使っていないもの」のうち、必要のないものを処分する

断捨離は、なんといっても「いさぎよさ」が大事。「まだ使えるから残す」のではなく、「これからも使うもの」だけを厳選し、それ以外は必要ないと割り切って処分しましょう。このとき、捨てずに保管するものは元の場所でなく必ず別の場所に移動するのがポイントです。箱などに入れて目にとまりやすい場所に置き、保管期限を1年とします。そして、1年以内に使った場合は元の収納へ戻し、1年過ぎて使わなかったものは処分しましょう。

 

・・・いかがでしたか?

新築の収納計画やお引越しの際にも役立つので、ぜひ試してみてくださいね♪

お問い合わせ:住まいのこと、土地のことどんなことでもお気軽にお問い合わせください!!【営業時間】8:30~17:30 FREEDIAL:0120-016-716

お問い合わせ・資料請求