住まいるブログ

HOME > 住まいるブログ   住まいのQ&A:冬の結露にご用心!|浜松・湖西・磐田・袋井・掛川の注文住宅会社・住まいるコーポレーション

住まいるブログ

2018/01/11

住まいのQ&A:冬の結露にご用心!|浜松・湖西・磐田・袋井・掛川の注文住宅会社・住まいるコーポレーション

無垢と自然素材を使って、家族の笑顔をはぐくむ健康住宅をご提供する『住まいるコーポレーション』です。

毎日寒い日が続きますね。冬の朝、起床後にカーテンを開けようとすると、サッシがびしょ濡れでゲンナリしたことはありませんか?それは「結露」の仕業です。

結露は単に窓ガラスが濡れるだけでなく、放っておくと建物が傷んだり、カビが発生して家族の健康に害を及ぼしたり、漏電や火災の原因にもなりかねません。

そこで今回は冬の結露対策についてのQ&Aにお答えします!

 

 

Q:結露って、そもそもなぜ起きるのですか?

 

A空気は温度が高いほど水分をたくさん蓄えられます。つまり、室内の空気が暖房器具で暖められるほど水分を多く含むようになります。その一方で、屋外と接しているサッシの表面は温度が低いので、暖まった空気が急激に冷やされます。空気の温度が下がると、空気中の水分が行き場を失いサッシの表面に「結露」となって水滴をつくるのです。特に今の住宅は昔に比べて気密性が高いので湿気がこもりやすく、結露が生じやすくなります。

 

 

Q:暖房を使わない就寝中でも、朝起きると結露がひどいのはなぜですか? 

 

A就寝中に人がかく汗や呼気によって室内の湿度が高まり、なおかつ人の体温で室内温度が上昇します。そのため、暖房を使っていなくても結露が生じる場合があります。

 

Q:効果的な結露対策を教えてください。

 

A:室温を上げすぎないこと、換気扇や換気システムを活用すること、家具や荷物を壁から離して空気の流れをつくること、浴室や台所の水蒸気が室内に流れていかないように換気すること、除湿器を使うことなどが具体的な対策として挙げられます。

 

 

Q:結露の心配がない家をつくるにはどうしたらいいですか?

 

A換気システムの導入など、いろいろ対策はありますが、ご家族の健康や心地よさを考えて、最もおすすめしたい素材があります。さて、その素材とは何でしょう?

・・・次回詳しくご紹介します!

お問い合わせ:住まいのこと、土地のことどんなことでもお気軽にお問い合わせください!!【営業時間】8:30~17:30 FREEDIAL:0120-016-716

お問い合わせ・資料請求